AGA 横浜市 神奈川区 片倉町 皮膚科 渡辺皮フ科クリニック

横浜市 渡辺皮フ科クリニックHOME < お悩み別 しわ/たるみ

しわ/たるみ

しわ

紫外線により、皮膚真皮層のコラーゲン線維の減少、エラスチンの変性がおこる。
このように紫外線により老化現象が早まることを光老化と言います。
皮膚が伸展するのはエラスチンという線維が真皮層にあるからですが、光老化により エラスチンは不規則に彎曲し塊となってしまうため、柔軟性が失われます。
また、皮膚がふっくらとして張りがあるのは、コラーゲンという線維が真皮層にあるか らですが、コラーゲンは光老化により産生量が減少します。
これによって、皮膚の張り がなくなり、たるんだ肌になります。
また、お肌に乾燥は大敵と言われますが、乾燥は皮膚の老化を早めます。
エラスチ ンやコラーゲンは線維芽細胞という細胞が産生していますが皮膚が乾燥していると、 線維芽細胞の活動も鈍くなり、これによって肌のたるみが助長されるのです。

治療方法

たるみ

年齢を重ねるごとに気になりだすのが、顔のたるみです。
たるみは目の下、顔、頬、まぶた(目)などに起こりやすい症状です。
たるみは、皮膚に弾力がなくなったために起こる老化現象の一つですが、お肌の弾力成分であるコラーゲンが、年齢を重ねるにつれて老化して変質していくことに原因になっています。
年齢を重ねると肌の血行が悪くなり、細胞に栄養が行きわたらないために、お肌を支えているコラーゲンを作る力が弱くなってしまいます。
コラーゲンは、17歳から18歳をピークに体内での合成能力が低下していき、年齢とともに減少していきます。
特に、コラーゲンの変質については、加齢以外に普段浴びている紫外線による影響が大きいです。
紫外線やストレスなどで活性酸素が発生すると、コラーゲンが破壊されてしまいます。

治療方法